« 2011年2月15日 | トップページ | 2011年2月20日 »

2011.02.17

GPS付きゴーグルについて考える

よくよく考えると、結構ヒットするかもしれませんね。
ヒットの数量とか定義は不明ですが。

一般のスキーヤーやボーダーは、こんなの必要ないし、
いかに安いか、どのブランドがカッコイイか等で選んでいるし、
GPSが必要な状況って通常の滑走ではほとんどないので、
相手にされないと思います。


しかし、今は 山ブームで
バックカントリーがブームになっています。
その層には、ドンピシャな製品だと思う。
すくなからず、バックカントリーを実施する人は、
それなりのtoolをもっています。
それなりのTOOLの中に、既にGPS機器もあることも
予想されるので、そうすると、どうなんだろう。
でも、目線をずらすだけで、標高や方角がわかると、
かなり便利だと思う。
とにかく、気になる。

僕の場合は1回使うと、ふーん。便利で面白いけど、継続的に
必要ないなと思ってしまうことでしょう。

絶対価格が、4-5万円で高いと思うけど、普通のゴーグルが、
1-2万えんで、GPSロガーが1万、モニター部分が1万と考えると
かなり妥当な値段かとも思います。家電流通とかにのれば、
大量生産で安くなるかもしれませんが、なんだかんだ言って
マイナーな用途の商品でからね。適正な価格だと思います。


そうそう、GPS付きのデジタルカメラもオススメしますよ。
地図内蔵はこれだけで、さらに世界地図まで入っています。
ナビ機能はありません。
CASIO EX-H20G 約3.5万円ぐらい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

GPS搭載スノーゴーグル「Recon-Zeal Transcend GPS」

久々に、びっくりした商品が発表されてるのを発見。

Zeal(昔流行ったし釣りで有名なサングラス/ゴーグメーカー)が、GPS内蔵の
ゴーグルを発表しています。

値段は、調光レンズを搭載したもの「SPPX」が5万2500円、調光機能を持たない「SPX」が4万2000円のようです。
かなり高いが、調光付きレンズもすげー。サングラスでボチボチでてきているが、実際に試したことないので
気になるよ。

実物みてみた。

詳しくは、ここのサイトみてください。
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/column/chizu/20110217_427462.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月15日 | トップページ | 2011年2月20日 »