« 2010年10月8日 | トップページ | 2010年10月12日 »

2010.10.11

サクリファイス

近藤史恵さんの自転車(ロードレース)のミステリー小説です。
白金ジャックを読み終えた勢いで、2日で読んじゃいました。
自転車好きなだけでレースとかやっていないので、
先に読んだスノー程状況が自分の行動と一致しないので、
小説として読めて楽しいです。

ミステリーの結果も、なるほどと。
続きの、エデンも読み始めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白金ジャックの感想

描写がリアルっていうか、普通にゲレンデや
スキー場の係員、友人等が浮かんじゃいます。
僕は、話ででてくるゲレンデがなぜかニセコひらふが浮かび、
閉鎖しているゲレンデが、花園をイメージしちゃいます。
イメージするだけでも、楽しくなってしまいますね。
ただ、毎週滑りに行っているからか、小説とういよりかは
日記を読んでいるようにで、物語としてのワクワク感が
少なく感じました。なぜだろう。

普段、小説やミステリーなんて読まないので
作品としては比較対象がないので、よくわかりません。
途中で飽きなかったので、おもしろい部類なんだと思います。

僕としては、ショートストリーで片岡義男風の
スノーの小説が読んでみたいですね。
いい作品知っていたら教えてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月8日 | トップページ | 2010年10月12日 »