« 2010年3月16日 | トップページ | 2010年3月18日 »

2010.03.17

ニセコアンヌプリに行ってきた

ニセコアンヌプリに行ってきたので、オススメの遊び方です。

お金が許すなら、ノーザンリゾートホテルに泊まるのがBEST。
全てにおいて便利です。
ただし、温泉はあまり風情があるとは言えない。

他に、昆布温泉、甘露の森、いこいの村等が近くにあるが、
スキー場との行き来は、送迎してもらう事になる。
歩けない。ペンション街は、意外と近く徒歩でもなんとかなるものもある。

ゲレンデのセンターハウス、レストランはショボイ。
レストランは、全部で3箇所だったかな。
ホテルは、昼食バイキング1980円するし、他はショボイ。
田舎のゲレンデという感じです。

夜ご飯は、ペンション街にいくつかレストランがある。
営業等は、事前に電話して調べて予約しておく必要があるでしょう。
人が少ないので、営業が怪しいです。
店によっては、送迎もしてくれます。

ヒラフに比べて、外の温泉に行くのも時間が短くてbetter。
昆布温泉、甘露の森、いこいの村、雪秩父が近い。
昆布温泉のグランドホテルが、混浴なのでオススメ。
行くのは、湯めぐりバス。

ゲレンデは、ゴンドラで回すのが基本のゲレンデ。
斜度等は、様々で、ちょうどいいかも。
止まるような緩斜面もなく、過激な急斜面もない。
中級者には、調度良い。
人によっては、ヒラフは男性的、アンヌプリは女性的と表現していた。
滑走可能なコース外は、おおきく両脇に2箇所あり。
どちらも沢になっており、ナチュラルパイプが楽しめます。

パウダーの競争率は、ヒラフに比べて全然少ないと思う。
たぶん、ヒラフが1時間でなくなるのに対して、アンヌプリだと1日って感じだと思う。
(予測)

ずばり、北海道のゲレンデでの比較評価は、
にぎやかで、毎回新しい発見したい、ワイワイしたいのであればヒラフ。
マイペースで滑りたいなら、アンヌプリ。
やっぱり、リッチ感を味わいたいなら、トマム。
って感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月16日 | トップページ | 2010年3月18日 »