« 2009年3月18日 | トップページ | 2009年4月7日 »

2009.03.19

スノーボードの試乗会で思う事

これから、春先 色々な場所でNEWボードの試乗会が実施されます。
大きな規模のは、3月末の苗場、4月のMINAMI主催の神立かな。
毎年、毎年 Newモデルの試乗会を楽しんでいます。
試乗会で思う事を書いてみます。
メーカの方がこのブログを見ているとは思いませんが
率直な感想を書いておきます。

1、手入れはキチンとしておいてください。
試乗ボードが滑らないと泣きます。
自分のより数倍滑ると、それだけでイイボードだと思っていまいます。
かなりの購入動機につながると思います。

2、ボードの特徴、概略やスペックを大きく記載
事前に知っているブランドやボードだったら、指名で乗れますが
色々回っていると知らないブランドやボードにぶちあたります。
話すのも重要ですが、ボードをみて特徴がわかった方が
ユーザとしてはBetterですよね。
このチャンスにメーカの特徴を知らせるチャンスなのに、各メーカ
もったいないと思います。

3、全員にビンディングの取り付けしなくてもいいのでは
そもそも試乗会に参加しようと思っている人は、半分以上は
かなり好きな方々だと思います。ひとりひとりの取り付けで
並んで時間とるよりかは、さっさと貸してくれた方がいい方も
多いと思います。

4、このブランドはどこのショップで買えるのかを記載して欲しい。
気に入ったボードがあっても、どこに売っているのかわからないと
購入まで行きません。
また最近の傾向だと、ショップも在庫を持てないと思われるので、
半受注になることも言っておおいた方がいいかも。
普通の人だったら、カタログ号がでて 寒くなって ボードを
本格的に探して、お店でみて購入だと思います。
現状、その時にはこだわった物はゲットできません。

5、できれば、スタンスやサイドカーブ等 ボードのスペックが
ボードに書いてあると、セティング時に あまりメジャー等で
はからなくて時間が短縮できるし、そこそこ乗っている人だと
スペックから、ボードの特徴もわかるのでいいかも。

6、スタッフが誰かわかるように
ライダーや借りる人で、ブースはごったがえします。
スタッフが誰かわかるように明確にして欲しいと思います。
札を下げるのか、CAPをかぶるとか。
質問していい人を探すのも困ります。

そうそう、試乗会に参加するのに便利なものは、
ボードをとめる鍵、ドライバー、メジャー、簡易ワックスがあると
快適かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月18日 | トップページ | 2009年4月7日 »