« 2005年3月3日 | トップページ | 2005年3月9日 »

2005.03.08

ニセコひらふ

3/6-7にひらふに行ってきました。
ひらふ何回か行って、大当たりとまではいかないが、
初の満足できるヒラフでした。
ヒラフがあんなコースやこんなコースがある事を始めてしりました。
去年は、霧で下のコースしか滑れず、12月は雪不足で
かろうじて、プチパウをいただける程度でしたが、今回は
ドカ雪が降ってもいないし、ディープなパウを
食えたわけではないですが、十分堪能できました。

1日目(3/6日曜)
午前中は、「エース第4ペア」下をメインにアッタクして、ごちそうさまです。
フラットなパウダーだと、ターンをしないで滑ってしまうため、短いこと。
お昼を食べて、東山に遠征。
感想は、ずばりくそゲレンデ。はづれたからだと思うが、春スキーの典型の
板が滑らない雪質。未滑走の箇所の雪はガチガチ。パウダーコースにいけば、
ぼこぼこ。急なところをクリアしたと思ったら、ちんたらした緩斜面。コース自体は、
歩く移動がなければ、楽しそうだが、もう行かなくていいです。今のところは。
それに、なんと強風のため、ゴンドラ停止!!!ガーん。
バスでヒラフに戻るはめに。
後で知ったのだが、パウダーコースを使って土曜日にザ・ナチュラルパイプマスターズ
の大会があったんじゃん。だからBXのコースのようになっていて荒れていたんですね。
ちょっと納得。

ヒラフに戻ってからは、「キング第3トリプル」の左脇(下からみて)やリフトしたを
攻め、なぜだか残っているパウダーを思う存分食べて終わり。
夜は、倶知安ナイト号(無料バス)で倶知安の街でお寿司特上をいただき、
ラーメン屋にはいると、そこにはなんと、小松吾郎がいるではありませんじか!!!
一人舞い上がっていましたが、間違っていたらはずかしいので、
話しかけませんでした。

2日目(3/7月曜)
朝一から山頂を目指し、少し30mぐらい登ったけど、風が強すぎて断念。
まじで登っていく人は凄いと思ったよ。
その後、花園第3クワッドの右側の、山頂から繫がっているコースを
滑走し、クワッド下の林間コースを何本も滑り、途中ウェブやHPで遊びながら
下まで滑り、ここも風でリフトが止まりやすいということなので、
さっさと「キング第3トリプル」へ移動。
12時近くになったので、下までノンストップでくだり、今回のニセコは終了。

感想
あんなとこや、こんなとこを滑れるので楽しいが、体力がないと疲れる。
でも、結構滑っていたわりに 飽きなかったゲレンデでした。
もっと、広いバーンがあるのに、林間ばっかり滑ってしまって、ちょっと
反省。来年も行こうと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2005年3月3日 | トップページ | 2005年3月9日 »