2013.03.26

ニセコひらふ

ニセコひらふ
今回の旅の目的は、12月に行った時の北海道旅行リゾートクーポン券が
17000円分余っていたのと、ニセコの山頂に1度は行ってみたかったの
2点でした。


1日目
千歳に到着すると人が全然いません。3月後半ともなると空いています。
雪質は良くないと思いますが、以外と狙いかもしれません。
来年もこの時期を狙います。

ひらふは、1日目は強風で、キング第三が動いていないとの事で、
この日は、トラックのついていなかった温泉沢メインで遊びました。
ベースは固いですが、十分粉も舞うことができ滑っていて、奇声がでてしまいます。
土曜の午後でもノートラックの場所があるなんて、ステキ。

宿は、念願の初のひらふ亭。それも部屋に露天温泉風呂付き。
かなりの贅沢です。(別に部屋風呂を希望したわけではありません)
結構、今回の旅行でひらふ亭には感動させられました。
まず、鍵を2個いただけます。これって風呂とかに行く時にもの凄く便利。
通常のホテルでも普通にサービスとして実施して欲しいと思います。
私が行った事のあるホテルだと、まだ実施している所は少ないです。

それと、食事がステキ。バイキングなのに食材が安っぽくないです。
一番気に入ったのは、通常のバイキングって、終了の30分前になると
食事を補充しなくて目に見えるように片づけを開始するけど、
ひらふ亭は、終了時間すぎても不足しているおかずを補充していましたし、
片付けもしていませんでした。
もう、感動です。
他のホテルだと、ラスト30分ぐらいなると、出ていけ空気をだしまくっています。
ズワイガニも最後まで補充されていました。最後まで食べていました。

ひらふ亭の難点は、乾燥室が部屋から遠すぎで階段がつらい事ぐらいですかね。

夜は、Snow EggというBarに飲みに行きました。
http://www.snoweggniseko.com/

20121222_niseko_photography_img_2_2


20121222_niseko_photography_img_211


002


ここのバーが凄い。ドーム型のテント内全面に映像を照射。
音楽とVJのシンクロ。もうクラクラです。
東京にこんなクラブ欲しいっす。
きっと、夏はどこかのビーチで実現されると予測しております。

写真、勝手に転用してしまいすいません。


2日目
天気も良く、過去何回かチャレンジしてダメだった山頂を目指します。
ここは、ゲレンデ滑っている人より、山頂に行っている人の方が感覚的に多いです。
不思議なゲレンデです。


Img_3097


Img_0285

のんびり登っても25分でした。
360度のパノラマに感動。
今思うと、舞い上がっていて写真を撮るの忘れていた(笑)。
メインのオープンバーンは山頂から見えないけど、かなりアイシーなので、
登ってきた方角に戻りつつ、気持ち谷間になっている箇所を滑走しました。
作戦成功。おいしー。
登る時は苦しいが、滑ってくるのはあっという間です。花園第三の乗り場に到着。
いつも思うのですが、裏や花園第三の所にでない人はどこにっているのかはなぞです。


3日目
ゲレンデに亀裂が入ったと言うことで、エース第2が閉鎖です。
かなりの亀裂の様で、ずーっと修繕していました。

今日は、キング第三とエース第三を回しました。
なんでここも、やわらかい部分が残っているか不思議です。
メインバーンは固くてつらいのですが、部分的に脇パウが残っており、
この時期にしては満足できました。

最後に
ひらふの街の雰囲気も、ものすごく変わっていて、
第1駐車場の周りにあった、宿とかレストハウスはなくなっていました。
ホテルアルペンとスキーセンターのみになっていました。
最初は雪が多くて埋もれているのかなと思っていました。
それほど、今年は雪がありました。いままで行った中で一番雪が積もっていた気がします。
ひらふ坂も、一時は不夜城の様に飲食店や宿が並んでいたのに、
店がポツリポツリになっていた。
それにしても、綺麗なコンドミニアムの建物ばかりです。
良いのか悪いのいのかわかりませんが、不思議な感覚です。

レンタルは、見る限りどこのレンタル屋でもトンガリ君があり、
イカやツバメも揃っていました。
どんなボードがあるか事前にWEBとかで宣伝してくれればいいのに。
そうしたら、私だったらレンタルしようと思うのですが、
レンタル=なんちゃってのイメージが強すぎてレンタルできません。
もったいないと思います。

欲しい物はなかったけど、プロショップも充実していて楽しい街です。
店によって、全員が外国の方という店もあって、すでにここは日本ではありません。

あー、楽しかった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.12

スノーパル23:55の旅 2013年

一度は利用してみたかった、スノーパル(夜行列車)のツアーを利用してみました。
結論から言うと電車で寝れる人には良いと思います。寝れない方にはとキツイと思います。
夜行電車なのに、シートがリクライニングしません。


出発4日前の月曜
週末に友達と滑る予定は決まっていたが、どこに行くか未定だった。
試しに月曜に東武トラベルに電話したら、運良くなのか人気薄なのかはわかりませんが、
無事、泊まりでのツアーが予約できました。パチパチ。
かなりびっくりしました。
ただ、金曜出発で日数が無いのでチケットの郵送はNGとの事。
東武トラベルまで取りにいく必要がありました。面倒だがしかたがあるまい。
会社をばっくれてチケットを受け取りに行きました。
ゲレンデは、なんとなく「たかつえ」にして、宿泊はホテルとペンションを
比較してホテルが15000円ぐらいで、ペンションが8000円ぐらいだったので、
コストからペンションにしました。
交通費、宿泊費、リフト1日券ついて、約17000円
お得だ。


出発の前準備
やっぱり、余裕のあるアダルトは荷物は送るしかないと思い、
たかつえのWEBをチェック。宅配について書かれていない。
WEBに問い合わせMailをしてみた。
「そちらに滑りに行くのですが、宅配便はどこに送ればいいか
聞いてみた」
回答は日帰りの取り扱いはしていない。
宿泊するのでしたら宿泊場所に送ってくださいとの事。
早速、ボード一式、ペンションに送りました。

このツアーのすごい所は、
事前にチケットを受け取りに行って思ったのだが、案内の冊子とかが無い。
冊子が無いのは、いいのだがスケジュールがよくわからないので、
私はツアーのパンフを代用で利用した。
少なくとも、A4で電車やバスの時刻や集合場所を書いたペラがあってもいいと思ったが、
コスト削減なのかな。
ペラは、諸注意とペンションの地図しかなかった。
プチミステリーツアーの予感にワクワクしてしまった。(笑)

出発の金曜
当日は、22時ぐらい浅草に集まって、ビアホールへ。
本当は、電気ブランも試したかったが、止めた。
今回行ったビアフォール D's diner ビールがめちゃくちゃ美味しかった。
ビールだけの目的でも、もう一度行きたいと思う。
ここで、たらふくビールを飲んで、自動改札の脇の
人のいる改札で切符をみせて搭乗。

出発。噂通りのリクライニングしないシートにがっかりしつつも
スリッパとひざ掛けのサービスには、プチ感動。
このあと、数カ所駅に停車して、徐々に人が増えていきます。
途中で寝てしまったので、それ以降の状況はわかりません。
トイレに行った時に、窮屈だったので
そのまま空いている席で睡眠。
気づくと、新藤原駅で社内仮眠停車。
目を覚ましたけど、寒くて下車はできなかった。

なんだかんだで、5:33に会津高原尾瀬口駅に到着。
指示のあるまま、バスに乗り込む。
結構、早く出発するので、朝のトイレは駅でなくて
電車内かゲレンデについてした方がいいと思います。

土曜日ゲレンデで
30分ぐらいでゲレンデに到着。午前6:00頃。
うっすらと明るくなってきましたが、吹雪いています。
目の前のリフト乗り場しか、レストランからは見えません。

ここのゲレンデは初めてくるので、施設がよくわかりません。
日帰りセンターには、レストラン、お土産屋、ロッカー、レンタルコーナー、
休憩室があります。
朝食付きのプランなので、とりあえず朝食をいただきます。
極めて普通のモーニングです。
食べ終わると、各自滑る準備をしています。
アダルトなので、かなりのんびりしております。
だいたい8:00ぐらい。

そろそろ準備しようと、宿泊先のペンションに電話してみると、
除雪の関係で10時過ぎにならないと荷物が届けられないと。
どうするか。
ゲレンデの隣のロッジの方に行けば、ペンションに行く方法があるかと思い
吹雪いて足が埋まる新雪の中を5分歩いロッジまで行ってみるが、
ここからでも結構遠いとの事。
ペンションに歩いて行くのは厳しいみたいで断念しました。

ベテラン?の僕たちは、素直に床暖房のきいた休憩室で
10時までゴロゴロとすることにしました。
きっと、ガツガツ滑りたい人だったら、ここでブチ切れると思います。
後になって思ったが、この時の休憩がかなり効果があったのは確かです。

10時前に、ペンションのオーナーがボードを届けてくれました。
おっ!オーナーが神に見えました。

準備して、手前のコースから順に滑っていきます。
新雪なので板が走りません。
ゲレンデも緩斜が多く苦労します。
途中、パークやキッカーもあったのですが雪に埋もれています。
クロスのコースもあったみたいなですが、ガスっていて
雪に埋もれていて気づきませんでした。ラストランの時に気づきました。

運良く、第6シングルの目の前にきたときにリフトが動き始めました。
10番手ぐらいで乗ることができ、おいしい面ツルの粉をいただきました。
粉だらけで、メインのバーンにたどり着くのには苦労しました。
面ツルな粉斜面、ごちそうさまでした。

本当に軽いパウダーだったので滑るのが難しかったです。
ここを数本回しました。
2本目以降は、いたるとことに、人が埋まっていました(笑)
このゲレンデは、降った時に 第六を滑るのが正しいゲレンデなんだと思いました。
他には滑る手頃な斜面がないとも言います。
面ツルがなくなって、粉でお腹がいっぱいになった時には、一気に下山し
スノーボードのスクールの受付でHot WAXのサービスお願いします。
1500円です。普段、ボードを手入れをしない僕たちは、このようなサービスが大好きです。
その間にランチをして、また数本滑って本日は終了。

レストハウスに戻り、ペンションに迎えをお願いします。

ペンションに到着するとペンションのおばさんが大変だったねと。
荷物の事を話されていました。
普通はゲレンデに送るのにね。と。
今回いったメンバーは特にガツガツ滑らないので、
のんびりかまえていたのですが、とても気の毒そうに話されていました。
冷えた体をお風呂で温まり、コジャレた料理で満腹にして就寝。

日曜日
朝はトーストをいただき、9:30にゲレンデに送ってもらいました。
冷静になると昨日は10:00ぐらいの滑りだしなので、あまり時間的には
かわりません。(笑)
レストハウスで軽くストレッチしていると、第六が開放したとの事。
すぐに第六リフトに向かいました。

昨日、雪が降っていたようなのですが、ゲレンデには雪はついていないようで、
ものすごく滑りやすいです。
第六の脇に残った脇パウを滑りまくります。
今日は雪が締まっていて、かなり滑りやすいです。

13:00になったので、下山し仮に荷造りし
14:00発の温泉行のバスに乗って温泉へ。
15:00にまた日帰りセンターに戻り、荷物を宅配で送ります。
宅配で荷物を送ることはできます。(笑)
時間になったので帰りのバスに乗ります。
この時間になって、天候が晴れてやっと青空になりました。
いくつかのツアーがあるので、バスは間違いないように。

会津高原尾瀬口駅のおみやげ屋では、
「なにこれ珍百景」で紹介された、「そば・うどん・ラーメン」を食べてみたかったのですが
遅いお昼だったので、食べないで列車に乗り込みました。

列車に乗るとびっくりです。みんな、ビールやつまみを食べてプチ宴会です。
帰りの列車でつまむものは、駅の売店でもいいのですが、
事前に用意しておくといいと思います。
何も用意していなくて、失敗しました。

鬼怒川温泉駅でスペーシアに乗り換えです。
チケットを軽くみせるだけで、改札の外(駅の外)に出してもらえます。
こんな簡単でいいのだろうかと、やや疑問に思いました。
この駅は、本当に何もありません。一番近いお土産屋に行った友人の
何もかわずにでてきました。
駅前の広場に足湯があります。私は足湯に入っておりました。お湯がぬるすぎ。

スペーシアの時間になり乗車。
すげー。今まで乗っていた電車と違って、ものすごく快適です。
3号車に食堂があると言うことなので、すぐに3号車にお弁当を購入しに。
なんと、この食堂車には生ビールがあります。幸せです。
帰りに生ビールが飲めるシワさせ、スカイツリー弁当を購入
そのまま浅草へ。

浅草で友人と解散し、今回の旅は終わりです。

全体の感想は、
全体を通して工程がわかりずらいですね。色々なツアーに行って、多少の事は慣れているので
あまり気にもしませんでしたが、わかりずらいと思いました。
コスト削減だと思いますが、簡単な冊子あたりがあってもいいのではないでしょうか?
コースは、緩斜面が多くて私は好みではないですね。

また行くかどうか、行ってもいいです。
ただ、一緒に行ってくれる人はいなさそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.27

湯沢健康ランド

久しぶりの、湯沢健康ランド。
雪は、二週前に来た時より、やや増かな。
ニュース程は、感じなかった。

28日は、舞子の予定。嫁来ていないから、パウダーとナンパ楽しむぞ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.07

モーターショーレポート3 フォルクスワーゲンブースのDJ

フォルクスワーゲンブースのDJ
結構、いい選曲の音楽が流れていたので覗きにいった。

案の定、DJが皿回していました。
沖野修也やDJ KAWASAKIとか結構有名な方が回すみたいです。

音楽好きは、WEBとかで調べて行ったほうがいいと思いますよ。

"Tokyo Crossover/Jazz Festival"
http://www.tokyocrossoverjazzfestival.jp/2011/top.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モーターショーレポート2 ベンツのiPhoneアプリ

ベンツのiPhoneアプリ
音響技術を利用したイベント用 iPhone アプリを使ってスタンプラリーを実施しています。
「INFOSOUND」と言う、ヤマハの技術だそうです。
デジタル情報を音響信号に変調して伝送する技術だそうです。
ショー会場では、試したけどイマイチかな。
驚きはなかった。QRコードの音として聞こえない音声版ですね。
しかし、用途的にはこれから来る技術だと思う。

YAMAHAでも展示していました。
YAMAHAは、特別なWEBを表示させていただけでした。

YAMAHAのアプリ
http://www.youtube.com/watch?v=X8J3Vc-LUBE

でも、これが発展すると、街中でエロ画像をかってに配布したり、
ウィルスとかに利用されちゃうよね。きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モーターショーレポート1 ITSというシステム

ITSというシステム
詳しく聞かなかったけど、今のナビの電波ビーコンがこちらのITSというシステムに
置き換わるそうです。より広範囲の情報を所得できるようになるそうです。
これから、ナビを購入する人はITS対応のを選択するべきだそうです。
詳細は勉強中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.29

忌野清志郎 ナニワ・サリバン・ショー見てきた

忌野清志郎 ナニワ・サリバン・ショー見てきた

すげーな、あのおっちゃん。
SEXYだよ。
清志郎少しでも好きなら見に行くべきですね。鳥肌立ちますよ。

内容は、過去のライブ映像のつなぎ合わせなんだけど、
新規に撮影した分とうまく編集しています。
全然、色あせていません。
RCのライブを、生で見ていなかった事を後悔しています。

でも、始めてライブ映画見にいったけど、
静かなんですね。手拍子とかあるかと思いました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

毎日かあさん を 見た

毎日かあさん

これ面白いね。
R40には、キョンキョンがいいです。
ストーリーは、予想どおりの展開です。
全体にほのぼの描かれていて、作品自体の重さをあまり感じません。
現場での当事者だったら、かなりギスギスする生活になるかと思います。

でも、なぜあんなにダメ人間の旦那が、周りから愛されるのかがなぞです。
少なくとも、現実は周りから毛嫌いされて、干されてしまう気がしてしまいます。

人生を大切にしようと思いました。
DVDとしての評価は、見たい方は見ればっていう内容だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.28

宮ヶ瀬イルミネーション

宮ヶ瀬イルミネーションに行ってきた。
正式名は、「第26回宮ケ瀬クリスマスみんなのつどい」

17:00ぐらいに行ったので、駐車場や公園は、かなりの混雑でした。
少し、時間をづらして19:00頃に行くと快適かも。

イルミネーションは、そこそこ立派です。

結構、驚いたのは、お店(売店)がかなり充実しています。
ここ最近の観光地では珍しい光景です。
かなり運営がうまく行っているのでしょう。

それにしても、イルミが気持ちよく撮影できません。修行が足りないです。

http://www.miyagase.com/xmas/


Cimg1935


Cimg1944


Cimg1987


Cimg1992


| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタッドレス購入

スタッドレスタイヤは、
ブリザックがいいと思っていますが、
今回は、DUNLOP DSX-2 にした。

理由は、単に、福山ファンなだけです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«JINSのPC用メガネ